ピッキングなどのトラブル|鍵のある安全に暮らし

ピッキングに対処する

鍵穴

札幌などでディンブルキーという鍵が登場したかと思います。今回は、このような鍵について解説していきます。ディンブルキーとは、以前の鍵では一億数千万単位のパターンしか無かったところを、数百億のパターンがあるという鍵です。したがって、ピッキングで長期間挑戦すれば、鍵が開くことも考えられますが、数百億パターンも試していたら捕まってしまいます。このような天文学的なパターンをもつ鍵は、現実的な問題を考えれば、限りなくピッキングがされにくい鍵だと言えます。また、そもそも鍵穴つまりシリンダーがあるからピッキングに付け入るスキがあると考えたら、電子キーも良い選択肢となるでしょう。電子キーの特徴は、シリンダーが存在せず、鍵に対してICカードをかざすか、電子マネー対応端末をかざすと解錠施錠ができます。機械技術に頼った機器ではありますが、これもまたピッキングという脅威に対して、有効な回答となるでしょう。札幌などには、このようなピッキングがやりにくい鍵が存在しています。これらの鍵を使えば、それこそ大きな意味で防犯対策ができるということになります。札幌などの鍵屋に詳しい機器のレクチャーを受けて、鍵交換をしましょう。

札幌などの泥棒が鍵穴に対して、道具を使っている間は、どうしても無防備になっているのです。したがって、泥棒自身はこの時周りで、通報されようと取り押さえられようとも、抵抗がしにくい体勢なのです。体勢が悪いので、ピッキング犯自体も、この時が一番緊張するものです。家宅侵入を試みている場合は、現行犯逮捕できるわけです。そのまま通報されでもしたら、言い逃れできる状況ではありませんし、逮捕にも抵抗できません。つまり、そもそもピッキングに大変手間のかかる鍵に交換してしまっていれば、ピッキングは不可能ということになります。