ピッキングなどのトラブル|鍵のある安全に暮らし

鍵の紛失時の対応

ドアノブ

鍵や錠には、様々な種類があります。中でも一般的なのは、鍵穴に鍵を差し込んで回すことによって、開錠するタイプでしょう。ですが、このタイプの鍵は、常に紛失の危険と隣り合わせです。鍵を無くしてしまったら、錠を開けることができません。家の鍵を失くしたら、たとえその家の主であったとしても、外から開けることはできなくなります。もし、合鍵を持っている家族や親族がいなかったら、家に入る術はありません。鍵を紛失したら、あなたはどうしますか?窓ガラスを割って、窓から中に入る?ガラス片が飛び散って危険きわまりないですし、修理代がかかります。それに、下手をすれば、泥棒と間違えられて警察に通報されかねません。鍵穴にヘアピンや針金を差し込んで、ピッキングを試みる?その程度で開けられる鍵では、そもそも防犯性に問題があるでしょう。それに、素人が無理に開けようとすると、鍵穴が傷つく場合があります。正解は、「すぐに鍵屋に連絡をする」です。鍵を紛失して家の中に入れない時は、すぐに鍵屋か鍵トラブルを扱っている便利屋に連絡しましょう。彼らは、確実で安全な方法で鍵を開けてくれます。また、紛失した鍵が手元に戻りそうにない場合は、新しい鍵に交換してもらいましょう。

鍵の最大の目的は、防犯です。ですが、鍵を付けているから大丈夫、と楽観するのは禁物です。世の中には、ピッキングやサムターン回しといった手法で鍵を不正開錠し、不法侵入する空き巣や泥棒がいるのです。そのような被害を防ぐためには、防犯性が高く不正開錠しにくい鍵を付けることが大切です。多くの鍵屋は、防犯性が高い最新式の鍵への交換を請け負っています。